眼精疲労対策としてのブルーベリーの商品

毎日の仕事ではパソコンのモニターを長時間眺める必要が出ています。長時間のパソコン作業を続けていると、どうしても慢性的な眼精疲労になってしまいます。

1日の中で午後になってくると、少し目を休めたくらいでは目の疲れが取れなくなってきます。また、夕方ぐらいになると眼精疲労がひどくなり、目がかすんで文字に見えにくくなることが起こってきます。

こうした眼精疲労の症状があると、仕事をするにも辛さが伴ってしまいます。そこで、眼精疲労に効くというブルーベリーの商品を摂ることにしました。

始めはブルーベリーの飴を食べていましたが、眼精疲労は症状は幾分和らいだような感覚がありました。ブルーベリーに含まれるアントシアニンの効果が発揮されているのかもしれません。

他のブルーベリーの商品としては、パンに付けるジャムも使うようになりました。そのように定期的にブルーベリー成分を摂取することで、眼精疲労の症状が深刻化はしないようになっています。

そのうちにドラッグストアなどで販売されているブルーベリー配合のサプリメントにも興味を持ち始めました。

サプリメントでは通常のブルーベリーの10倍のアントシアニンが含まれるビルベリーが使われていたり、目の働きを助けるビタミンなどが入っているため、より高い効果が期待できるのではないかと思いました。

試しにサプリメントを飲んでみたところ、目のかすみが起こり難くなってきたようなので、今後も継続的に摂取してみようかと考えています。