眼精疲労におすすめのブルーベリー

スマホやパソコンなどを長時間眺めていると眼の奥が痛くなったり、ピントが合わずぼんやりとかすんで見えてしまうことがありますが、これは眼精疲労が原因です。

眼の奥の筋肉が疲労してしまい、視力低下も起こってしまう眼精疲労ですが、予防や改善をするためにはブルーベリーを積極的に摂取するのがおすすめです。

ブルーベリーにはアントシアニンと呼ばれる抗酸化力の強い栄養素が豊富に含まれているため、疲れた眼の筋肉をほぐすのにうってつけの食品です。

ブルーベリーは生のまま食べるのはもちろん栄養素が丸ごと取れておすすめですが、日本のスーパーで生のブルーベリーが販売されているケースは少ないため、冷凍状態のものを利用するのがおすすめです。ヨーグルトに直接混ぜてみたり、パンケーキの生地に混ぜて焼き上げるのも良いでしょう。

また冷凍状態のまま砂糖を振り掛けてレンジで温めると即席ジャムを手作りすることも可能であるため、パンを食べる時に塗って食べるのもおすすめです。

近頃は家庭菜園でブルーベリーを育てるのも人気があり、果樹の栽培が初心者でもある程度の収穫量を見込めるためおすすめです。

一戸建てはもちろん、スペースがあればベランダでも栽培することが出来るため、賃貸アパートやマンションなどでも気軽に栽培して、眼精疲労が気になるときにブルーベリーを収穫して食すことが出来るでしょう。

眼精疲労が気になるときには早めに対策をして、症状を悪化させないことが重要です。